カート
ユーザー
絞り込む
なにをつつむ?
さがしかた
226について
headimage
headimage

自然あふれる五泉市でニット製品をつくる

五泉市は古くから湧き水や地下水に恵まれた土地です。
豊富な水資源を利用し、250 年程前より絹織物の生産が始まりました。
絹の美しい光沢やしなやかさを生み出す精練という工程には、良質な水が欠かせません。
着物から洋服へと変わる時代の流れの中で、織物からニット製造へと発展しました。
繊維の街として長くつづき、五泉市は日本一のニット産地となりました。
たくさんのアパレルメーカーのご要望に応え、品質の良い「made in Japan」のニットを日々生産しています。


ニットづくり55年以上のサイフクで「mino」は生産されています

「226」を企画・生産している有限会社サイフクは1963 年よりニット専業メーカーとして、新潟県五泉市でものづくりを続けています。
工程の全てに目が届くよう、社内での生産比率を90% 以上まで高めた一貫体制でクオリティの高い生産を可能にしています。


アフターケア

ファクトリーブランドの「226」だからこそ、自社工場での可能な限りのアフターケアを承ります。
ひっかけによるひきつれや、虫くい穴など、製品のトラブルの折にご相談ください。送料をご負担いただき工場にお送り頂いた後に補修費についてご連絡いたします。

>>アフターケア詳細・修理のご依頼について


ファクトリー

一本の糸からはじまるニットづくり。
人の手から手へと、たくさんの工程を通りながら、一枚のニットが生まれます。
>>ニットができるまで サイフクWEBサイトはこちら

サイフクでは、OEMのご依頼をうけたまわります。
日本一のニット産地「五泉」でのものづくりをお手伝いいたします。
 >>会社概要 サイフクWEBサイトはこちら
 >>お問い合わせ サイフクWEBサイトはこちら

運営

有限会社サイフク

日本一のニット産地 新潟五泉市で55年以上

新潟県五泉市は日本一のニット産地です。
「226」を企画・生産している有限会社サイフクは1963年より55年に渡りニット専業メーカーとして、大手百貨店やセレクトショップのご要望に応えし、品質の良い「made in Japan」のニットを生産してきました。良質なニット商品を生産する為に、複雑な工程全てに目を届かせるべく、社内での生産比率90%以上まで高めた一貫体制をとっています。また、豊富な経験とデータの蓄積、高い技術力で、他社では作ることの出来ない高品質な商品を提供しています。皆さんがお持ちのお気に入りニット製品も、サイフク製かも知れません。

>>サイフクWEBサイト